健康寿命を延ばす対策

健康寿命を延ばす対策とは

健康寿命を延ばす対策をすること

一昔前は寿命を全うする事が幸せだとされていましたが、最近は健康寿命を延ばす対策をして健康維持する事が大切とされています。ただの寿命ですと寝たきりになってしまっても長生きすれば幸せと言う考えですが、やはり今の時代は出来るだけ自分の足で歩いて、身の回りの事が自分で出来るのが幸せで周りの方も嬉しいのです。そんな健康寿命を延ばしていつまでも健康でいられるようにする対策とは、実は結構簡単な物で日常的にウォーキングでもいいので自分の足で歩いて軽い運動をする事と、過食を避け腹7分目ぐらいで野菜や魚中心の食生活を続ける事です。

寿命は延びても健康寿命は短く

平均寿命が80歳を超え、2007年以降に生まれた子どもたちのうち2人に1人は100歳まで生きるといわれるようになりました。しかし寿命は延びても健康寿命は短くなっているのが現状です。健康を保てない原因は食生活の乱れや精神的ストレス、睡眠量と質の低下、添加物の摂取など様々な要因が考えられます。総じて考えられるのは栄養不足という点です。ビタミン・ミネラルが不足しており、身体の免疫機能が低下しているというわけですね。薬や医療の発達により寿命は延びますが、健康に保てるわけではありません。栄養管理をしっかりと行い、元気に長生きできるようにしたいものです。

↑PAGE TOP