健康な生活を送る

健康な生活を送るために

一生健康な生活を送るためには

健康寿命とは健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活することができる期間のことを言うので、平均寿命とは当然その意味合いは違ってきます。ただ長生きすれば良いのであればそれほど気にすることはないのですが、寝たきり状態で過ごすより活き活きと生活した方が良いと考える人が沢山います。その場合には健康寿命と言うのはとても重要で、元気に生活することができる期間を指し示していると言う点で注目する必要があります。平均寿命との差は約10年あるのですが、これによって最後の10年間は不健康な状態で過ごしている人が多いと言うことが分かります。体の状態が悪いために外にも出られないととても辛いので、最近ではどうすればこの差を縮めることができるかを考える人が増えています。

健康寿命のための基本的な心得

日本人の平均寿命は延びに延びて、男性でも80歳を超える統計データが出ています。女性は87歳とか言われています。年齢だけ見れば100歳を超えている人が6万人もいるとされています。でも、考えなければならないのは健康寿命であり、定義はいろいろありますが、他人のお世話なることなく一人で生活できるという健康な生活というと、平均寿命マイナス9歳~10歳と言われています。このことを考えた上で、いつまでも健康な生活を送ろうというのであれば、やはり身体のための基本を日常行うことなのです。基本とは、栄養バランスの良い腹八分目の食事、快適な睡眠、心地良い排泄、そして適度な運動です。これらを意識して毎日を過ごせば、健康寿命は延びていきます。

↑PAGE TOP